インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまの立場に立って物事を考えて、日々の診療にあたっています。

歯科医院に対して不安や恐怖心を抱える方は多くいらっしゃいます。当院では、患者さまの立場に立ち、同じ目線で物事を考えています。「自分自身が受けたいと思える診療」を行っており、痛みの少ない治療、ゴールが見える治療、清潔な院内作りなどを心がけています。

できる限り負担を抑えた診療で、皆さまのお口の健康をお守りしたいと思っていますので、ぜひ一度当院へお越しください。

痛みを抑えるために取り組んでいることはありますか?

注射麻酔の前に、塗るタイプの表面麻酔を行っています。患者さまの中には、治療の痛みよりも麻酔注射のチクッとする痛みが苦手な方も多くいらっしゃいます。不安や恐怖心が強い方には、表面麻酔を行ったうえで麻酔注射を打つなど、じっくりと丁寧に治療を進めています。身体がこわばると痛みに敏感になるため、徐々に緊張をほぐしていき、ゆっくりと治療を進めることが、治療のゴールへの近道になると考えています。

なるべく少ない治療回数に抑えることはできますか?

お口の状態によって治療回数が変わるため、必ずしもできるわけではないですが、患者さまの要望に添った治療を行えるように努めています。初診時にある程度の回数を伝えることができますので、遠慮せずにお申し付けください。治療のゴールが見えることで、不安の軽減やモチベーションの向上にもつながると思います。当院では、なるべく一人ひとりの要望をお聞きしてお応えできるように取り組んでいます。

衛生管理で取り組んでいることを教えてください。

衛生管理にはかなり力を入れています。まず、治療に使用した器具は滅菌を欠かさず、パッキングして保管しています。そうすることで、患者さまの治療の直前まで、清潔な状態を保てるのです。その他にも、紙コップやエプロンは使い捨てにするなど、自分自身が「受けたい」と思える診療を行うように心がけています。患者さまやスタッフにも意見を聞いており、医院全体で改善に努めています。

患者さまにおすすめしたい治療方法はありますか?

当院では、詰め物や被せ物に、ジルコニアという天然歯に近い素材を用いています。これは見た目が自然で透明感があるだけでなく、強度が高く割れにくい、欠けにくいという特徴があります。また、汚れが付きにくく、お口を清潔に保つことができるため、虫歯や歯周病などの様々なリスクを抑えることにもつながります。

ホワイトニングの施術を受ける際に、事前に気にしておくことはありますか?

虫歯の治療を行ったところがあるかどうかですね。詰め物などの人工物が入っていると、その部分の色だけが変わらない可能性があるからです。そうなると、ホワイトニングで白く美しい歯を手に入れても、逆に目立ってしまいます。患者さまには、こうした注意点も事前にお話ししています。

自慢の設備を教えてください。

レーザー治療器やホワイトニング照射器を備えています。また、当院のレントゲンはお口の隅々までデジタルで撮影が可能なため、どこにどのような問題があるのかが分かりやすく、リスクなども見据えた治療の提案・提供が可能となっています。また、放射線量も少なくなっているため、患者さまの身体への負担が抑えられていることも特徴です。

今後、力を入れていきたい治療はありますか?

虫歯にならないためのケアなど、基本的な部分をきちんと行っていきたいです。そのために、歯磨きの指導やフッ素の塗布はもちろん、お口全体を見た治療を行っています。お子さまから親御さままで、多くの皆さまのお口の健康をお守りできるよう、これからも知識や技術の研さんを積んでいきたいと思っています。

歯磨きをしていても歯が黄色くなるのは何故ですか?

食生活が原因であることがほとんどです。お茶やコーヒー、ワインやカレーなど、着色しやすい飲み物や食べ物は意外と多くあるものです。もちろん、こうした物を飲んだり食べたりすることがいけないわけではありません。お茶を飲んだら水ですすぐ、寝る前には控える、などと少しでも配慮をすることで、歯が黄色くなることを防ぐことができます。

また、歯の着色は年齢や乾燥が原因であることも多いのですが、こうしたご質問には日々お答えしておりますので、気軽に相談していただきたいですね。